美容外科

胚芽から抽出した植物性プラセンタ

新しいプラセンタと呼ばれる植物性プラセンタについて、説明します。
プラセンタは、胎盤という意味を持っておりますので、植物にも胎盤があるのか?
と不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、植物には胎盤の代わりに胎座があるのです。

植物性プラセンタは、胎座から抽出されたエキスのことをいいます。
胎座は、植物の胚芽の中にある部分のことで、種子を生育するための栄養分がたっぷりと含まれているのです。
動物プラセンタと同じく、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれており、美白、保湿効果は、動物プラセンタを凌ぐほどで、サプリメントもありますが、主に、スキンケア化粧品に配合されております。

動物プラセンタよりも植物性プラセンタの方が安産性は高いかもしれません。
理由としては動物プラセンタの原料になる動物は、農薬や化学物質、汚染、感染などの心配がありますが、植物には無縁ですので、何よりも、安全性は高いといえるのではないでしょうか?
最後に、植物性プラセンタの原料になる植物についてですが、一般的なメーカーが使用しているのは、麦、ライ麦から抽出されております。
こちらhttp://www.sitioscreativa.com/syoku.htmlにも書いてあるとおり、植物性プラセンタは成長因子を持たないので、美白、保湿、美肌には効果が認められておりますが、アンチエイジングに効果があるかは、現在のところ、まだ解明されていないようです。

このページの先頭へ