美容外科

プラセンタの成分を壊さない酸素分解法

酵素分解法と聞けば、スノーデン社が扱うプラセンタの製造方法を思い出しました。
プラセンタの一般的な製造方法は、加水分解法になります。
そのほかにも、凍結融解法や凍結酵素抽出法、細胞培養法、酸素分解法、分子分画抽出法などがありますが、酵素分解法による抽出方法は、現在、最新の抽出方法なのです。酵素分解法は、ほかの方法に比べ、有効成分、栄養成分の濃度の高さが認められており、高品質のプラセンタが抽出できる上、安全性の高さについても、世界で認められた、プラセンタの有効成分を壊さない製造方法となっているのです。

酸素分解法のメリットは、今までのような温度差、圧力を必要としないことです。
なので、プラセンタの持つ高い有効成分や栄養成分を無駄に失うことなく抽出でき、高品質のプラセンタを製造できるのです。
しかし、抽出に手間をかけるので、プラセンタの販売価格は、その分、高額になります。

これが、デメリットに感じられますが、現在の技術では、高品質を実現することは可能でも、買い求めやすい低価格の実現は、まだまだ、実現しそうにありません。
では、高価なほど効果があるのかという疑問に関しては、こちらのサイトhttp://pollground.com/high.htmlで解説しているので参考までにどうぞ。
ちょっと高いなと感じた方には、プラセンタを安く入手する方法もありますのでご覧になってみてください。
より豊富な有効成分が配合されたプラセンタを購入されたい方は、酵素分解法による製法で抽出されたプラセンタを探してみてはいかがでしょうか?
利用者の口コミはこちらhttp://www.stanpride.org/realvoice.html

このページの先頭へ