美容外科

医療分野で使われる人由来のプラセンタ

プラセンタ注射は、美容外科や皮膚科、内科などで受けることができます。
プラセンタ注射は、ニキビ治療をはじめ、更年期障害、肝機能障害、アトピー性皮膚炎などの症状改善、治療に用いられております。
医療現場で使われるプラセンタはこちらに載っています。
美容外科などで受けられるプラセンタ注射には、ヒト型プラセンタが使用されております。

因みに、市販、通販ネットなどで販売されているプラセンタサプリは、豚や馬、羊などの胎盤から抽出されたプラセンタが使用されております。
医療機関で使用されているプラセンタは、厚生労働省の認可を受けた、ラエンネック、メルスモンが使用されております。
当たり前ですが、ウィルスや菌などについての厳しいチェック基準が設けられており、その厳しいチェックをクリアしたものだけが販売されており、私たちの治療に使用されるのです。

ラエンネックは、肝機能障害の治療に、更年期障害の治療http://www.nmdvlc.org/05.htmlには、メルスモンが使用されているのです。
また、日本では、現在、ヒト型プラセンタは、正式な認可を受けた製薬メーカーだけに、プラセンタ注射の製造が認められております。
厚生労働省の認可を得るのは難しく、簡単に手を挙げて製造許可をもらえるような、簡単な許可ではないようです。
安全性の高い治療として、利用者が増加しているのも理解できますね。

このページの先頭へ