美容外科

滅菌処理したプラセンタを注射するプラセンタ治療

プラセンタ注射を打たれる方の一番の心配は、カラダに安全なプラセンタエキスを使用しているか、についてではないでしょうか?
注射はカラダに直接入っていくので、より安全性の高いものを希望したいという気持ちは、よく分かります。
ニキビ肌や更年期障害、肝機能障害などの治療に使用されるプラセンタ注射は、国内で正常に分娩された方の胎盤が原材料となっております。

製造工程において、B型肝炎ウィルスやC型肝炎ウィルス、HIV、クロイツフェルト・ヤコブ病などすべての感染症について、厳しいチェックを行い、高圧蒸気滅菌処理を行った、安全性の高いものが使用されておりますので、安心されて下さいね。
因みに、高圧蒸気滅菌処理は、121℃で約20分間の滅菌処理がされております。
現在、このプラセンタ注射での副作用、大きなトラブルは報告されてないそうですので、安全性は高いといえると思います。

医療機関で使用されているプラセンタエキスは、厚生労働省の管理の下、厳しい基準が設けられており、その基準をクリアした商品だけが、医薬品としての認可を受け販売されておりますので、安全性については、日本の国の機関のお墨付きといえるでしょう。
このプラセンタ注射での副作用http://www.moluanda.net/9.htmlは、絶対に無いとは言い切れませんが、かなり低い可能性ですので、そう心配することも不安になることもないと言えます。

このページの先頭へ