美容外科

動物・海洋・植物性プラセンタのそれぞれのメリット・デメリット

美容、健康維持にと大人気のプラセンタですが、プラセンタには、豚や馬、羊といった動物から抽出される動物プラセンタと、麦などの胎座から抽出される植物プラセンタサーモンから抽出される海洋性プラセンタ、人間の胎盤から抽出されるヒト型プラセンタがあります。
それぞれのプラセンタのメリット、デメリットについて、説明したいと思います。
まず、一般的なプラセンタである動物プラセンタについてですが、アミノ酸をはじめ、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分が豊富に含まれることはよく知られております。

特に、馬プラセンタは豚プラセンタに比べ、アミノ酸の含有量が多く、その効果の高さが証明されておりますが、何度も出産する豚と違い、希少な価値を持つプラセンタになりますので、販売価格が高くなり継続しにくいことが、デメリットとなっているようです。
続いて、植物プラセンタに関してですが、メリットは、安全性の高さです。
ですが、植物プラセンタは、動物プラセンタが持っている成長因子を持っていないのです。

最後に、海洋性プラセンタですが、海洋性プラセンタの原料は、主にサーモンの卵巣膜になります。
海洋性プラセンタは、9種類の必須アミノ酸をはじめ、様々な栄養成分が含まれておりますが、しわ対策に効果のあるエラスチンは、美肌を目指す女性たちから注目される成分となっております。
デメリットは、農薬などによる汚染を受けている可能性が高いことでしょうか?
プラセンタに含まれる成分の品質比較も参考にご覧ください。

このページの先頭へ